本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻91裁判(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻91 裁判』佐木隆三編

1998年9月
264頁

田中美知太郎  責任と無責任との間
青地晨     体験的裁判論
徳冨蘆花    謀叛論(草稿)
平出修     逆徒 抄
川端康成    東京裁判判決の日
宇野浩二    世にも不思議な物語 抄
伊藤整     裁判についての感想
澁澤龍彦    サドは無罪か 裁判を終えて
野坂昭如    「四畳半襖の下張」ほまれの有罪
大岡正平    『事件』が出来るまで
木下順二    「裁判」を書き終えて
亀井勝一郎   裁判官の勇気
中野重治    裁判官国民審査のこと
正木ひろし   裁判と言葉の魔術
倉田卓次    裁判官の国語力は中学生並か 給付判決主文の用語をめぐって
伊達秋雄    裁判官の虚像と実像
我妻栄     裁判所による解決
伊藤栄樹    だまされる検事/被害者とともに泣く
木村晋介    法廷でナマの裁判のお勉強
井上薫     傍聴人の重さ
鮎川信夫    裁判を読む 抄
江川紹子    「オウム真理教」裁判傍聴記 1 はじめに
佐木隆三    法廷メモ行脚

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする