本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻90人間(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻90 人間』多田富雄編

1998年8月
264頁

白洲正子    人間の季節
内田百閒    とくさの草むら
寺田寅彦    子猫
吉田健一    人間
西江雅之    人であること
串田孫一    新しい人間
中野好夫    人は獣に及ばず
大庭みな子   プロメテウスの犯罪
岡部伊都子   壊劫そのもの
中野孝次    愚かさ 人間の本性について
河合隼雄    人の心などわかるはずがない
塩野七生    誰もわかってくれない
今西錦司    人間性の進化(抄)
河合雅雄    ヒトはなぜサルから進化したのか 一
日高敏隆    代理本能論
辺見庸     食いものの恨み
戸井田道三   縄張り
井尻正二    ヒトこそ大怪獣
湯川秀樹    人間の宇宙的地位
大野乾     生命と宇宙
柳澤桂子    死--見るもおぞましきもの
岡田節人    生・殺そして死
奥本大三郎   考える蜚●ゴキブリ
松岡正剛    あいまいな「私」
三木成夫    人間生命の誕生
長野敬     生物におけるコピー
川喜多愛郎   冷凍人間
養老孟司    プラスティック人間創世紀
中村雄二郎   時間の不思議
土屋恵一郎   芸 人生論の書き方
高橋義孝    焼き蛤の哲学
多田富雄    モロッコで考えたこと

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする