本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻89生命(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻89 生命』中村桂子編

1998年7月
256頁

神谷美恵子   いのちのよろこび
武満徹     生命連鎖の宇宙的構造
井上靖     命なりけり
津島佑子    心音
南木佳士    泡のような命
重兼芳子    大地に癒されて
山尾三省    裸の生命
小林秀雄    天の橋立
大岡信     芹沢光治良氏を悼む
加藤周一    命短しまたは『人生夢幻』の事
串田孫一    菩提樹の鉢
幸田文     えぞ松の更新
池澤夏樹    樹木論
今西錦司    構造について 生物の世界二(抄)
湯川秀樹    長年の疑問
河合雅雄    だましの進化と仮面
寺田寅彦    簑虫と蜘蛛
日高敏隆    シデムシからチョウへ
大庭みな子   J・H・ファーブル著「昆虫記」
吉田絃二郎   沈黙の扉
高村光太郎   生命の創造 アトリエにて8
夏目漱石    思ひ出す事など 十五
上田三四二   転生
小川国夫    治癒力
加賀乙彦    「死刑囚」の「濃密な時間」が教えるもの
柏木哲夫    生命の質を尊ぶ
河合隼雄    死後の生命についてのファンタジー
梅原猛     現代人の生と死--脳死・臓器移植
立川昭二    禁じられた死
森崎和江    いのちの自然 四
波平恵美子   「いのち」の流れ
江上不二夫   生命とはどういうものか
        生命の存在を可能ならしめている基本的性格
柳澤桂子    天体の動きと生物
三木成夫    胎児の夢
岡田節人    遺伝への人工的介入
中村桂子    「生命の物語」を読む

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする