本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻74辞書(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻74 辞書』柳瀬尚紀編

1997年4月
264頁

河盛好蔵    楽しみ辞典
幸田露伴    辞書 「話苑」より
折口信夫    辞書
三木清     辞書の客観性
林達夫     辞書について 『字源』縮刷版の刊行
高見順     辞書について
唐木順三    『言海』の大槻文彦
福本和夫    辞書の愛用者であった/紅葉・白秋・サルトルらの逸話(抄)
井上ひさし   昌益先生の辞典
竹内好     辞書のこと
白川静     漢字の歩み(抄)
中野美代子   漢字の神話学 文字空間としての
陳舜臣     写音の字
佐多稲子    辞書と私の関係
寺田透     辞書のこと
鶴見俊輔    字引きについて
堀田善衞    辞書と人生
鈴木信太郎   字典と歯痛
山田俊雄    節用禍・辞書禍
加藤治郎    『将棋戦法大事典』まえがき(抄)
大野晋     辞書の序文/日葡辞書のことなど
金田一春彦   二つのアクセント辞典を
柴田武     理想的な辞書のために
本多勝一    『日本語類語大辞典』の編纂を
養老孟司    正しいとはどういうことか
高山宏     横書き辞書 植民地人種の卑しい器用さ
武藤康史    『広辞苑』改版の歴史
江國滋     コロンブスの卵、二個
淮陰生     小股の切れ上った女/小股の切れ上った女、再考
紀田順一郎   存在しない語彙
澁澤龍彦    珍説愚説辞典
工藤幸雄    いろはガルタ
マーク・ピーターセン 辞書と格闘する
古井由吉    英和辞典 みんな貧しかったな
五木寛之    辞典と私
杉浦明平    辞書を食べる
清岡卓行    詩を隠している辞書 私にとっての日本語
石原吉郎    辞書をひるがえす風

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする