本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻67子供(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻67 子供』高田宏編

1996年9月
248頁

柳田國男    神に代りて来たる(抄)
小山勝清    盗人記
辻まこと    山の声
戸井田道三   最初のハードル
石牟礼道子   民話としての学問
奥野健男    原っぱ・隅っこ・洞窟の幻想(抄)
        都市の中の原風景
寺山修司    地獄篇 第一歌1
臼井吉見    幼き日の山やま
相馬御風    幽霊の足
山尾三省    死を貫く生の根拠 屋久島で⑥(二)
久世光彦    金木犀の窓の下で
森茉莉     注射
新井恵美子   きつねのあかり
島崎藤村    生い立ちの記 四
北杜夫     幽霊(抄)
津島佑子    幼き日々へ(抄)
岡本かの子   小学生のとき与へられた教訓
乃南アサ    背表紙を眺める
田島征三    魚に敗北した日
三田誠広    犬の道、子供の道
橋本治     子供に、なる
三浦佑之    継子譚と家族
川本三郎    「子ども」の映画
近藤雅広    赤ちゃんを讃える
大沢郁枝    四度
大庭静子    ファーストシューズ
山元加津子   きいちゃんの話
高田宏     小さな冒険者

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする