本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻42家族(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻42 家族』久世光彦編

1994年8月
256頁

太宰治     桜桃
大木惇夫    緑地ありや 第十一章
吉田絃二郎   八月の星座
中勘助     蜜蜂 七月二十四日
志賀直哉    末つ児
中原中也    亡弟
幸田文     相向いの座
正岡子規    仰臥漫録 明治三十四年九月二十日~二十一日
尾崎一雄    男児出生 一
山之口貘    あとの祭り
外村繁     打出の小槌
壺井栄     一つ身の着物
檀一雄     家出のすすめ
吉行和子    兄のこと
中井英夫    父の笑顔
池波正太郎   母
向田邦子    子供たちの夜
武田百合子   雛祭りの頃
本間千枝子   食卓のある風景(抄)
阿部昭     家族の一員
黒井千次    家族の森への踏み込み
亀井勝一郎   家族といふもの
藤原新也    ファミリー
田辺聖子    仕事と家族
関川夏央    むかし大掃除というものがあった
群ようこ    あっけらかんと、さようなら
久世光彦    夾竹桃の花咲けば

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする