本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻41望郷(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻41 望郷』伊藤桂一編

1994年7月
256頁

石原吉郎    望郷と海
内村剛介    審問 『生き急ぐ』より(抄)
高杉一郎    極光 『極光のかげに』より
藤原てい    魔王の声 『流れる星は生きている』より(抄)
清岡卓行    大連ふたたび
中野重治    ふる里を思う
室生犀星    故郷を辞す
佐藤春夫    望郷の賦 一名或る帰郷記(抄)
嘉村礒多    故郷に帰りゆくこころ
福原麟太郎   故郷
山本茂実    雪の野麦越え(抄)
森崎和江    天草灘
藤本和子    白樺病棟の「高砂」
山崎朋子    十二月九日の再会
金史良     故郷を想ふ
小田実     オモニが帰りたい日本
大庭みな子   甦るもの、薄れゆくもの
ドウス昌代   息子が「帰る」日本
寺山修司    望郷手稿
伊藤桂一    東洋への郷愁 堀口太平に

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする