本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻20定年(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻20 定年』山田智彦編

1992年10月
256頁

夏目漱石    入社の辞
鈴木信太郎   停年設計の無計画
福原麟太郎   停年教授閑暇あり
河盛好蔵    神よ守り給え
鍵谷幸信    最終講義
池田弥三郎   わたしの魚津行き
鈴木健二    晴耕雨読は必要であるか(抄)
庄野潤三    憂しと見し世ぞ
黒田三郎    NHKをやめる
袖井孝子    神話の崩壊
安部公房    委託殺人
柴田錬三郎   五十五歳
大宅壮一    定年退職
常盤新平    長すぎた助走
青木雨彦    毎日が定年
黒井千次    定年を迎え撃つ人々
扇谷正造    浪人学あるいは老人学入門
田辺聖子    男と粗大ゴミ
寺島アキ子   妻と夫の“定年後”
岡田誠三    屋敷神との対決
吉武輝子    自己発見のひとり旅に出た夫
落合東朗    ぼくは名誉教授です
諸井薫     定年幻想
土岐雄三    “偉い人”ほどひどくこたえる
幸田文     身にしみる日
吉行あぐり   夫と二人、気ままな生活
獅子文六    隠居の仕損じ
山口瞳     隠居志願
三浦朱門    引き際
城山三郎    土光さんの庭
山田智彦    かつて定年後の過ごし方は隠居だった

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange