本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻18質屋(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻18 質屋』種村季弘編

1992年8月
256頁

滝田ゆう    暖簾 くぐらぬ幸せ、くぐるも値打ち
永井龍男    質屋について
尾崎一雄    質屋について(抄)
宇野浩二    質屋の小僧/質屋の主人
江戸川乱歩   妻のこと
平林たい子   世に出るまで
林芙美子    日記(抄)
井伏鱒二    早稲田生活(抄)
広津和郎    金尾文淵堂 『年月のあしおと』三十七
金子光晴    奈落の薔薇 「水の流浪」より
草野心平    結婚と煙突掃除屋 「放浪時代」より
佐多稲子    男二人かもじを売りに行く
山之口貘    歳末の質屋/質札
宇佐美承    霊と肉(抄)
薄田泣菫    質屋の通帳
村上浪六    質屋 「牛肉一斤」より
桂文楽     廓の雨
古今亭志ん生  仕立物も質屋行き 「震災前後」より(抄)
笑福亭松鶴   「お前ら、二人ともクビや!」
鈴木亀二    質屋の隠語
志村益男    質屋今昔物語
玉川一郎    当世質屋物語
村山兵太郎   サラ金地獄の次にくるもの
吉井民子    一六銀行/贓品
滝田要吉    神のお告げで仏壇質入れのこと
伊藤整     ニューヨークの質屋
五木寛之    古本名勝負物語
野坂昭如    質屋米屋風呂屋四谷
宮尾登美子   質屋
山口瞳     蔵のなか

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange