本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻13名曲(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻13 名曲』遠山一行編

1992年3月
256頁

高田博厚    音楽と思い出
尾崎喜八    森の歌
串田孫一    冬の旅
芥川也寸志   歌の旅(抄)
篠田一士    感受性の調教師
小林秀雄    バイロイトにて
森有正     バッハをめぐって
大岡昇平    ケルビーノ礼讃
河上徹太郎   マノン
三善晃     ショパンと私/コルトーに
五味康祐    音楽に在る死(抄)
塚本邦雄    フーガ〈斑鳩〉 ワーグナー幻想
江藤淳     バイロイトのワグナー祭 ヨーロッパのデーモン
粟津則雄    マーラーをめぐって
山根銀二    シャリアピンの芸術
矢代秋雄    『ペレアスとメリザンド』に見る典型
畑中良輔    ウィーン日記抄(抄)
岩城宏之    Chant des forets 森の歌
團伊玖磨    消える歌
小泉文夫    アラビア音楽十年の恋
武満徹     10月6日 宮内庁にて雅楽を聞く
徳川夢声    ヂンタ
田辺明雄    古賀政男論
遠山一行    音との会話

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする