本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻11囲碁Ⅱ(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻11 囲碁Ⅱ』中野孝次編

1992年1月
272頁

川端康成    直木三十五と碁
関根金次郎   本因坊と私
野上彰     本因坊秀哉
高木徳     持碁
瀬越憲作    原爆直下の本因坊戦
高川格     大手合再開
大山康晴    高川さんと私
佐藤垢石    呉清源
近藤啓太郎   勝負師一代 第二章(抄)
田岡敬一    木谷さん
三浦修     素顔の趙さん
林海峯     ワンパク本因坊誕生まで
佐木隆三    碁のさかんな八幡
柳田泰雲    棋士と書道(抄)
村松梢風    本朝烏鷺争飛伝 古今碁譚(抄)
森銑三     碁盤(その一)
前沢長太郎   盤石よもやま
大島正雄    鬼伝説の真剣師 堀田忠弘氏の巻
畑正憲     賭け碁
山田覆面子   日野葦平の碁
若園清太郎   坂口安吾さんと碁の話
木山捷平    囲碁漫談
小沼丹     横好きの弁
夏目伸六    紅毛の囲碁教室
小田嶽夫    碁ガタキ列伝
那珂太郎    碁論序論 Goron Joron
小島直記    いろはにほへと
竹内好     文体の底にあるもの
埴谷雄高    最低の摩訶不思議性
遠藤周作    宇宙棋院は天才ばかり
黒井千次    白と黒
井上光晴    ヘボとは何か?
藤沢周平    碁の個性

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange