本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻7奇術(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻7 奇術』泡坂妻夫編

1991年9月
256頁

戸板康二    ハンカチの鼠
飯沢匡     恐竜の卵 遊びの心のタネ
石川淳     魔法
江國滋     マジック酒場の一夜
人間の指と目と錯覚についての考察
安岡章太郎   魔術師の訊問
吉行淳之介   魔法の掌
薄田泣菫    手品師と蕃山
長谷川伸    奇術考案業
江戸川乱歩   魔術と探偵小説
木村義雄    奇術と将棋
阿部徳蔵    美術曲芸しん粉細工
松旭斎天一   西洋手品種明し(抄)
永井孝男    初代・天勝ものがたり
石田天海    名古屋閑話
秦豊吉     天皇陛下奇術を御覧の記
高田重朗    コミックマジックの系譜
松田道弘    スピリチュアリズムとの対決
坂本種芳・圭史 超心理学実験の夕
この目で見たこと、遭ったこと……1
幸田露伴    魔法修行者
種村季弘    源右衛門の小箱
澁澤龍彦    蝋人形の呪い
妹尾河童    「ケレン」「カラクリ」は邪道だというのは誰だ
安野光雅    『ふしぎなえ』について 火刑を免れるための供述
泡坂妻夫    二人の友へ トリックと奇術

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする