本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻6書斎(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻6 書斎』谷沢永一編

1991年8月
256頁

志賀直哉    私の書斎
大佛次郎    本の寝台
石坂洋次郎   私の書斎
中山義秀    書斎
吉田健一    本
江戸川乱歩   書斎の旅
宮本百合子   書斎を中心にした家
北原白秋    書斎と星
土田杏村    私の書斎
滝沢秋暁    本箱中の人物
辻潤      書斎
牧野信一    書斎を棄てて
内田魯庵    家庭の読書室
福原麟太郎   書斎
平田禿木    趣味としての読書
日夏耿之介   文房之記
楠瀬日年    風変りな書斎
紀田順一郎   書斎の変遷
西尾忠久    書斎の改造(抄)
山根一眞    大語彙軽薄短小辞書の入手
森本哲郎    バベルの図書館
池内紀     書物人間
荒畑寒村    獄中読書の工夫をこらす
佐多稲子    本とつきあう法
富士正晴    わが室は本づまり
庄野潤三    本の置き場所
深田久彌    本小屋
黒井千次    消える部屋
寿岳文章    書斎からの断想
松永伍一    古本の値段
開高健     古書商・頑冥堂主人
反町茂雄    佐佐木信綱博士と竹柏園文庫のこと
谷沢永一    書物、流れ入りまた流れ出る処

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする