本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻3珈琲(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻3 珈琲』清水哲男編

1991年5月
264頁


寺田寅彦    コーヒー哲学序説
高村光太郎   珈琲店より
斎藤茂吉    カフエ・ミネルワ
吉田健一    カフェ
内田百閒    可否茶館
淀川長治    喫茶店のこと
植草甚一    コーヒーのにおいほどの誘惑はほかにない/どっさり珈琲の粉を
柏原兵三    珈琲の話
蜷川幸雄    時間の、四角い箱
井坂洋子    地下へ通じる
鍵谷幸信    言語疲れからの脱出
別役実     喫茶店
種村季弘    蝙蝠傘の使い方
梅田晴夫    珈琲
奥山儀八郎   カフェー・パウリスタ
勝本清一郎   カフェー
木下杢太郎   パンの会の回想
田山花袋    丘の上の家(抄)
吉井勇     青春回顧
尾崎一雄    あの日この日 七十七
広津和郎    カッフェエ漫談(抄)
萩原朔太郎   喫茶店にて
獅子文六    『可否道』を終えて
永忠順     ミルクホール
小林七郎    コーヒーのある風景 映画
古藤田千栄子  コーヒー 紅茶
伊藤博     日本文学に表われたコーヒー
佐藤哲也    コーヒーの歴史から(抄)
耕八路     珈琲の話
児島政二郎   鼻の話
宮崎康平    コーヒー飲みの大放浪
小田島雄志   喫茶店人生
山口瞳     魚河岸のコーヒー
長田弘     コーヒー屋で馬に出会った朝の話
清水徹     裏通りのカフェ パリ
村松友視    アメリカン・コーヒーよ、何処へ行く
草森紳一    ピッツ・バーグの美人/本場「アメリカン・コーヒー」の分量
常盤新平    喫茶店について
森村桂     ふんぞり返って飲むコーヒーの味
清水哲男    インスタントのことなど

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange