本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』100命(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 100 命』野間宏編

1991年2月
256頁

阿部昭   いのち
石牟礼道子 みそぎの渚
井伏鱒二  蜜柑の木
大岡信   いのちとリズム
大庭みな子 みどり児
岡本太郎  純粋な生命の戦慄
加賀乙彦  生命の相対的尊重論
呉茂一   生と死とについて 上代ギリシア人における
澁澤龍彦  猿の胎児
住井すゑ  いのちは育つ
高橋和巳  生命について
高村光太郎 生命の創造 アトリエにて 8
武田泰淳  生き残りの感慨
多田智満子 ラーの舟
徳冨蘆花  命がけ
中沢臨川  愛は、力は土より
中村汀女  いのちを愛でる
西脇順三郎 春
野坂昭如  つきまとう死の恐怖
野間宏   菜の花 [巻頭詩] 
野間宏   人類は生物の掟を破るか
林良材   病人心理百面相
日高敏隆  「ネズミの地球征服」論
平林たい子 生きものの飼育
藤原新也  「奇形礼拝」への心象風景
堀秀彦   残された老いの時間
松田道雄  安楽死について
三木卓   ジャノメチョウの産卵
森田たま  いのち
山本健吉  「命」の歌

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange