本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』97娘(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 97 娘』なだいなだ編

1990年11月
256頁

伊藤ルイ  『新しき女の道』
江戸屋猫八 ふしぎな親子
太田治子  早春
大庭みな子 訪れ
尾崎一枝  父と娘
岸田今日子 娘とわたしの時間
串田孫一  娘と父
近藤富枝  父と娘のいる風景
佐木隆三  七五三パパ
佐藤愛子  はじめての一〇〇点
高濱虚子  娘
武田泰淳  娘に答えて
立原幹   季節の贅沢
田中小実昌 女家族の中でのボク
田中澄江  母と娘
津島佑子  武士の娘の孫とひ孫
中林洋子  父
中村知會  メイコの育て方
中村汀女  母の祈り
中山あい子 娘と私
なだいなだ 観念的な性教育教室
萩原葉子  母との三十年
平塚らいてう 娘に母の娘時代を語る
本間千枝子 そばを打つ父
水上勉   子について
森瑤子   娘の年頃
山之口獏  ミミコ [巻頭詩] 
吉永みち子 娘をぶんなぐった日

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする