本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』92岬(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 92 岬』中上健次編

1990年6月
256頁

大原富枝  犬吠埼
岡田喜秋  沖縄の岬にて
加藤賢三  屋島・五剣の鼻
唐木順三  東尋坊 八百清顕がこと
河上徹太郎 わが室積
串田孫一  岬
小泉八雲  日ノ御崎にて
司馬遼太郎 岬の古社 播州揖保川・室津みち 八
澁澤龍彦  風と光と影
杉浦明平  岬の秋
立原正秋  岬の体験
立松和平  雄冬岬へ
田中澄江  私と灯台
壺井栄   東瀬戸の道 仔犬の足
永井龍男  国東半島
中上健次  天満
中村真一郎 坊の津=桜島幻想
西脇順三郎 半島の春
野田宇太郎 向ヶ崎
馬場あき子 み熊野の浦の浜木綿
深田久彌  能登の外浦
三浦哲郎  梅雨の丹後半島
水上勉   尻屋崎
森禮子   残波岬
柳田國男  佐多へ行く路
山岸博   岬と灯台
山本健吉  み雪降る越前岬
與謝野晶子 岬 [巻頭詩] 
若山牧水  岬の端

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange