本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』91時(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 91 時』三木卓編

1990年5月
256頁

石原吉郎  一九五七年の日記から
五木寛之  時の過ぎゆくままに
伊藤整   時間を思う
井上ひさし 時制と体制
井上靖   とりとめない時間
宇野千代  年齢
大岡信   「瞬間」が「時間」ではないこと
大原總一郎 二十年周期説
大佛次郎  生きている時間
河合隼雄  子どもの「時間」体験
岸田國士  時計とステッキ
久保田万太郎   十年……
呉茂一   「時」について
佐野洋子  時は過ぎゆく
鈴木大拙  時の流れ
鷹野つぎ  時
武田泰淳  「時間」の魔術
竹西寛子  今
辻邦生   小説と時間意識
角山栄   ガリヴァの懐中時計 航海と時計
寺田寅彦  時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ
外山滋比古 人の噂も七十五日
那珂太郎  終戦の時
永井龍男  十月の時計
根本長兵衛 生活のテンポ
原民喜   魔のひととき
福永武彦  時計の話
松尾正路  時間の変身
三木卓   時というもの
村野四郎  鹿 [巻頭詩] 
森茉莉   午前零時の接吻
薮内清   紀元について
吉田健一  時間

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange