本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』90道(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 90 道』藤原新也編

1990年4月
256頁

阿川弘之  東北国道二千キロ
安東次男  路幾筋ぞ
井出孫六  鳥居峠
井上靖   草原の旅 砂漠の旅
井上靖   道 道 道
岩本素白  寺町
内田百閒  凸凹道
岡田喜秋  十石峠街道の左右
小川国夫  健脚の思い出 ピエドラフタ峠、ルーゴ
折口信夫  道の神 境の神
北杜夫   カラコルムへの道
木村荘八  道中「上り」「下り」の唄
木村荘八  堀端
齋藤茂吉  山道
里見弴   白い砂土道
澁澤龍彦  テヘランよりイスパハンへ
寿岳章子  石のある道
庄野潤三  道
杉本秀太郎 冬の旅
相馬御風  道ひらく
武田泰淳  東海道五十三次クルマ哲学
田村隆一  鎌倉 ぼくの散歩道
坪田譲治  郷里の道
永井荷風  路地
馬場あき子 みちのくはいずくはあれど
原民喜   原爆以後(抄)
藤枝静男  昔の道
藤原新也  深山 チベット(抄)
逸見猶吉  途上 [巻頭詩] 
水上勉   神護寺
三好達治  銀座街頭
森敦 雲中の道
山本有三  道しるべ
結城信一  上野へ一里
吉岡達夫  城壁ぞいの遊歩道

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする