本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』85貧(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 85 貧』小沢昭一編

1989年11月
256頁

荒畑寒村  貧乏国有論
淡谷のり子 貧乏は恐くない
内田百閒  貧凍の記
内田魯庵  貧書生
宇野信夫  零落 市川八百三郎
岡部伊都子 ぼろけた下着
小崎登明  清貧との出会い
小沢昭一  行商日記 「妻や子の待つらん今日も空車」
加太こうじ 世界経済恐慌
金子光晴  世界の貧民窟を行く
喜多條忠  神田川 [巻頭詩] 
金原亭馬生 わたしとおそば
古今亭志ん生 びんぼう自慢(抄)
斎藤緑雨  青眼白頭
堺利彦   貧を記す
三遊亭圓生 乞食になっても
杉村春子  夢いっぱいの女優はいつも貧乏が道連れ
添田唖蝉坊 乞はない乞食
武林無想庵 飢渇信(抄)
種田山頭火 道中日記 昭和十三年(抄)
直木三十五 貧乏一期、二期、三期 わが落魄の記
野坂昭如  わが飢餓の時代
水木しげる 貧困の中で結婚する
森詠 飢える
森茉莉   贅沢貧乏
山之口貘  貧乏を売る
吉田一穂  「貧」の光背 故富ノ沢麟太郎に就いて
吉田健一  貧乏物語
米倉斉加年 風呂屋と質屋

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange