本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』84村(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 84 村』立松和平編

1989年10月
256頁

有島武郎  農場開放顛末
石牟礼道子 村が育てた時代が過ぎて
井上靖   郷里伊豆
尾崎一雄  村の放送よしあし
河上徹太郎 村のもの音
きだみのる 部落の日々
北畠八穂  津軽の雪
木山捷平  ふるさとの味
串田孫一  山村の祭
窪田空穂  農村の魂 冥利、血統、結婚適齢期
黒田喜夫  永遠の青年
佐藤藤三郎 万作の花の咲くころ
司馬遼太郎 村の心中
島尾敏雄  大島だより
島崎藤村  生ひ立ちの記 三
清水昶   夏のほとりで [巻頭詩] 
杉浦明平  地方の時代というけれど……
住井すゑ  父立(ちゃんりつ)農大
立松和平  田んぼのネオンについて
立松和平  夢の中のふるさと
徳冨蘆花  村の一年
長塚節   炭焼のむすめ
中山義秀  ふるさとの記憶
野上彌生子 農村の母と子に
平林たい子 村の温泉
堀多恵子  山暮らし
牧野信一  その村を憶ひて
山下惣一  崩れ去った村社会
若山牧水  村住居の秋

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする