本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』80艶(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 80 艶』駒田信二編

1989年3月
256頁

池田彌三郎  かよう男
池波志乃  色気は形から
五木寛之  赤と青のブルース
井上雪   雪のころ
宇野千代  女のいのち
円地文子  声の趣
興津要   三囲(みめぐり)神社
興津要   四日市町
小沢昭一  裸師たちとの出合い(抄)
加藤郁乎  エロス讃歌
駒田信二  咲いた桜になぜ駒つなぐ
近藤富枝  玉の肌
西東三鬼  女靴下の話
佐藤春夫  乳房をうたひて [巻頭詩] 
三遊亭圓生 お色気のはなし
澁澤龍彦  ポルノ
嶋岡晨   セーラー服
嶋岡晨   障子の穴
関容子   女の人のこと 「中村勘三郎楽屋ばなし」より
高見順   愛の牧歌
田中小実昌 僕の好きなストリッパー
田辺聖子  泣く時の
戸板康二  羽左衛門の手
中村真一郎 恋文のゆくえ
秦恒平   女の壷
布施昌一  くるわ落語
坊野寿山  妓の身体髪膚
真山青果  温泉(ゆ)の夜
真山青果  女
矢代静一  その春画

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange