本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』74客(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 74 客』宇野信夫編

1988年12月
254頁

秋山十三子 白いお客
井出文雄  客去る [巻頭詩] 
井伏鱒二  婦人客
内田百閒  日没閉門
宇野信夫  観客の今昔
江崎真佐子 もてなし
海老名香葉子 珍客騒動
尾崎一雄  いろんな客
邱永漢   最初のお客は佐藤春夫と檀一雄
近藤富枝  仮装舞踏会(ファンシーボール)
斎藤茂太  客のもてなし方、もてなされ方
塩野七生  通夜の客
式場俊三  花客往来
立原正秋  来訪者 湘南日記6
玉村豊男  アメリカ式接客セレモニー
田山花袋  紅葉山人を訪ふ
戸板康二  もてなし
豊島與志雄 太宰治との一日
中村武志  掘立小屋の百閒先生
中村喜春  ごひいきになったお客様
中山あい子 わが家のパーティ
丹羽綾子  お客好きは祖母譲り
野坂昭如  招かぬ客たち
野村胡堂  玄関払い
野呂邦暢  列車の客
秦恒平   茶会というもの
秦早穗子  わが家でのもてなし プライベートタイムの確保と充実
福永武彦  中野重治の座談
堀田善衞  不思議な訪問客
堀口九萬一 フランソア・コッペ訪問記
松田道雄  子供るす
丸谷才一  画家の来訪
森繁久彌  客いろいろ
山内義雄  二組の来訪者
與謝野晶子 杜鵑(とけん)亭
吉田健一  食べ方
吉田健一  訪問
米倉斉加年 たった一人の客

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange