本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『誤解学』西成活裕(新潮選書)

『誤解学』西成活裕(新潮選書)

未読

2014年
197頁




目次(収録作品)

第1章 誤解とは何か(9つの典型/その1・世代間の会話 ほか)
第2章 誤解の理論(ミニマムモデルを考える/困難は分割せよ ほか)
第3章 誤解の原因(コミュニケーションの渋滞/伝え手側の問題 ほか)
第4章 誤解の後で(三つの分類/収束型 ほか)
第5章 誤解と社会(経済と平均値の誤解/相関と因果の誤解 ほか)

人類が誕生して以来、国家間から男女の仲まで、「誤解」がもとでの悲喜劇は絶えることがない。それは恨み、嫉妬、断絶、争いを呼び、時には歴史を変え、芸術を生み、科学を発展させてもきた。人間とは切っても切り離せない「誤解」の、原因や種類からメカニズム、対策まで、気鋭の渋滞学者が系統立てて考察した前代未聞の書!

出典:新潮社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする