本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『脳は楽観的に考える』ターリ・シャーロット(柏書房)

『脳は楽観的に考える』ターリ・シャーロット、斉藤隆央訳(柏書房)

未読

2013年
330頁




目次(収録作品)

第1章 どちらが上?
第2章 動物は今のことしか考えられないのか?
第3章 楽観性は自己成就的予言なのか?
第4章 バラク・オバマとシャーリー・テンプルの共通点は?
第5章 自分を幸せにしてくれるものを予測できるか?
第6章 クロッカスが雪のなかから顔を出す?
第7章 なぜ日曜日より金曜日のほうがいいのか?
第8章 なぜ選んだあとになって良く見えてくるのか?
第9章 9・11の記憶は自分が思っているほど正確か?
第10章 ガンを克服するほうがツール・ド・フランスで優勝するよりもいいのはなぜか?
第11章 楽観性の暗黒面?

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする