本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日米開戦 陸軍の勝算』林千勝(祥伝社新書)

『日米開戦 陸軍の勝算―「秋丸機関」の最終報告書』林千勝(祥伝社新書)

未読

2015年
256頁




目次(収録作品)

第1章 「陸軍省戦争経済研究班」(秋丸機関)が、大東亜戦争を創った(太平洋戦争と大東亜戦争/攻防の策を講ぜよ ほか)
第2章 帝国陸軍の科学性と合理性が、大東亜戦争の開戦を決めた(帝国陸軍の科学性と合理性が、大東亜戦争の開戦を決めた/ドイツの対ソ戦を冷静に判断 ほか)
第3章 山本五十六連合艦隊司令長官が、大東亜戦争を壊した(山本五十六の大罪/「今後採るべき戦争指導の大綱」と、第二段作戦への危惧 ほか)
第4章 歴史の真実を取り戻せ!(有沢広巳の不都合な真実/秋丸次朗の不都合な真実 ほか)

負けはしない戦争だった!

70年前のあの戦争は、本当に無計画で非合理なものだったのか。開戦を決意した陸軍は無謀にも、勝算のない戦いに、やみくもに突入したのか。
そんなはずはない。近代史を研究する著者は「陸軍省戦争経済研究班」の報告書を詳細に調査し、少なくとも陸軍は、科学性と合理性に基づいて開戦に踏み切ったことを知る。「秋丸機関」と呼ばれた研究班は、第一級の英才を動員し、英米の経済力を徹底研究。報告書は大本営政府連絡会議に上げられたのだった。
報告書の真相は戦後、意図的に歪曲化され、闇に葬られた。そこには何が書かれていたのか。報告書の真の意図を探り、常識に一石を投じる驚愕の研究!

出典:祥伝社 公式サイト


[参考]
『近衛文麿 野望と挫折』林千勝(2017・ワック)

『日米戦争を策謀したのは誰だ!』林千勝(2019・ワック)

「我那覇真子のおおきなわ #70 林千勝~日米戦争を策謀したのは誰だ!歴史の真実を暴く」[YouTube]

「我那覇真子のおおきなわ #71 林千勝~日米戦争を策謀したのは誰だ!戦争の黒幕「国際金融資本」とは?」[YouTube]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする