本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『続・竹林はるか遠く―兄と姉とヨーコの戦後物語』ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ(ハート出版)

『続・竹林はるか遠く―兄と姉とヨーコの戦後物語』ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ著・監訳、都竹恵子訳(ハート出版)

未読

2015年
256頁



70年前―。朝鮮半島引き揚げ者、13歳の少女ヨーコ。
終戦直後の日本での、貧困、濡れ衣、いじめ。想像を超える苦難を兄妹3人で生き抜いた。

27年の時を超えて邦訳出版された前著「竹林はるか遠く」とともに刊行が熱望されていた続編

70年前の日本にあったもの。それは強い家族の絆〈Kawashima spirit〉だった。

出典:ハート出版 公式サイト

『My Brother, My Sister, and I』の邦訳。

[関連]
『竹林はるか遠く』ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ(2013・ハート出版)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする