本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『改訂増補版 アイヌ先住民族、その不都合な真実20』的場光昭(展転社)

『改訂増補版 アイヌ先住民族、その不都合な真実20』的場光昭(展転社)

未読

改訂増補版2014年
296頁




目次(収録作品)

コシャマインの乱/シャクシャインの乱/子供たちの東京強制移住/樺太アイヌの強制移住事件/千島アイヌ強制移住/北海道旧土人保護法/アイヌは平等社会?/先住民族に関する国連宣言/アイヌ先住民族国会決議/アイヌ先住民族国会決議で遠のいた北方領土/アイヌ先住民族運動/アイヌは北海道の先住民族?/知里真志保/喜多章明/バチェラー八重子の詩/砂沢クラさんの本/チェーホフ、ブッセ、ゴロウニン/ホーレス・ケプロン/イザベラ・バードが見たアイヌ/イデオロギーの自己膨張的拡大

天皇に謝罪を求め、アイヌ語の公用語化や議会への特別議席枠、奪われたと称する土地資産の補償等々を求めてやまないアイヌ先住民族運動の驚くべき実態。 北方領土返還はおろか、このままでは〝自治共和国〟ができる!

出典:展転社 公式サイト


[関連]
『アイヌ先住民族、その不都合な真実20』的場光昭(2012・展転社)旧版
amazon

[参考]
『北海道が危ない!』砂澤陣(改訂増補版2014・扶桑社)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする