本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新版 動的平衡』福岡伸一(小学館新書)

『新版 動的平衡』福岡伸一(小学館新書)







『新版 動的平衡―生命はなぜそこに宿るのか』福岡伸一

新版2017年
318頁

目次(収録作品)

プロローグ 生命現象とは何か
第1章 脳にかけられた「バイアス」-人はなぜ「錯誤」するか
第2章 汝とは「汝の食べた物」であるー「消化」とは情報の解体
第3章 ダイエットの科学ー分子生物学が示す「太らない食べ方」
第4章 その食品を食べますか?-部分しか見ない者たちの危険
第5章 生命は時計仕掛けか?-ES細胞の不思議
第6章 ヒトと病原体の戦いーイタチごっこは終わらない
第7章 ミトコンドリア・ミステリーー母系だけで継承されるエネルギー産出の源
第8章 生命は分子の「淀み」-シェーンハイマーは何を示唆したか
第9章 動的平衡を可視化するー「ベルクソンの弧」モデルの提起

『新版 動的平衡2―生命は自由になれるのか』福岡伸一

新版2017年
285頁

目次(収録作品)

第1章 「自由であれ」という命令ー遺伝子は生命の楽譜にすぎない
第2章 なぜ、多様性が必要かー「分際」を知ることが長持ちの秘訣
第3章 植物が動物になった日ー動物の必須アミノ酸は何を意味しているか
第4章 時間を止めて何が見えるかー世界のあらゆる要素は繋がり合っている
第5章 バイオテクノロジーの恩人ー大腸菌の驚くべき遺伝子交換能力
第6章 生命は宇宙からやって来たかーパンスペルミア説の根拠
第7章 ヒトフェロモンを探してー異性を惹き付ける物質とその感知器官
第8章 遺伝は本当に遺伝子の仕業か?-エピジェネティックスが開く遺伝学の新時代
第9章 木を見て森を見ずー私たちは錯覚に陥っていないか
第10章 「動的平衡」時間論ー世界は流れゆく

本書は、『動的平衡』(2009・木楽舎)、『動的平衡2』(2011・木楽舎)に修正、加筆し新書化したもの。

『動的平衡3』(2017・木楽舎)は新書化はされていない。

[関連]
『動的平衡―生命はなぜそこに宿るのか』福岡伸一(2009・木楽舎)
amazon  楽天

『動的平衡2―生命は自由になれるのか』福岡伸一(2011・木楽舎)
amazon  楽天

『動的平衡3―チャンスは準備された心にのみ降り立つ』福岡伸一(2017・木楽舎)
amazon  楽天

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする