本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『せいめいのはなし』福岡伸一(新潮文庫)

『せいめいのはなし』福岡伸一(新潮文庫)

未読

2014年
262頁




目次(収録作品)

1 グルグル回る 内田樹さんと(今日はなにを話しましょうか/ものを食べるのはなぜか ほか)
2 この世界を記述する 川上弘美さんと(物理現象としての「輪廻」/不可逆な枝としての「時間」 ほか)
3 記憶はその都度つくられる 朝吹真理子さんと(記憶とは何か?/名づけるしかない寂しさ ほか)
4 見えるもの、見えないもの 養老孟司さんと(「虫屋」のあこがれ/虫で世界を考える ほか)
5 「せいめいのはなし」をめぐって(福岡伸一)(動的平衡の「拡張」について/動的平衡の具体例 ほか)
四人の共通点ーあとがきにかえて

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする