本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『小商いのすすめ』平川克美(ミシマ社)

『小商いのすすめ―「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ』平川克美(ミシマ社)

未読

2012年
232頁




目次(収録作品)

第1章 経済に蚕食された社会(ヒューマン・スケールの復興/社会の成長とは何か ほか)
第2章 街角のフォークロア(大田区、わが町/地縁共同体の時代 ほか)
第3章 ちいさいことの意味(「余暇」の出現/大量生産大量消費の時代の黄昏 ほか)
第4章 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へー東日本大震災以後(「擬制の崩壊」と「小商い」をつなぐもの/「出生率低下は将来に対する不安」説の嘘 ほか)
第5章 小商いのすすめ(移行期に起こる国民意識の転換/個人の発見 ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする