本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『月と蛇と縄文人』大島直行(寿郎社)

『月と蛇と縄文人―シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観』大島直行(寿郎社)

未読

2014年
280頁




目次(収録作品)

第1章 縄文人のものの考え方
第2章 縄文人のものづくり原理(縄文土器は本当に鍋か/土偶のワキはなぜ甘い ほか)
第3章 縄文人の大地のデザイン原理(死者はなぜ穴に埋めるのか/竪穴住居になぜ住むのか ほか)
第4章 縄文人の神話的世界観(縄文人の世界観/月のシンボリズムの行方 ほか)

月と蛇と縄文人

amazon


スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする