本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ネアンデルタール人は私たちと交配した』スヴァンテ・ペーボ(文藝春秋)

『ネアンデルタール人は私たちと交配した』スヴァンテ・ペーボ、野中香方子訳(文藝春秋)

未読

2015年
365頁




目次(収録作品)

第1章 よみがえるネアンデルタール人
第2章 ミイラのDNAからすべてがはじまった
第3章 古代の遺伝子に人生を賭ける
第4章 「恐竜のDNA」なんてありえない!
第5章 そうだ、ネアンデルタール人を調べよう
第6章 2番目の解読で先を越される
第7章 最高の新天地
第8章 アフリカ発祥か、多地域進化か
第9章 立ちはだかる困難「核DNA」
第10章 救世主、現れる
第11章 500万ドルを手に入れろ
第12章 骨が足りない!
第13章 忍び込んでくる「現代」との戦い
第14章 ゲノムの姿を組み立てなおす
第15章 間一髪で大舞台へ
第16章 衝撃的な分析
第17章 交配は本当に起こっていたのか?
第18章 ネアンデルタール人は私たちの中に生きている
第19章 そのDNAはどこで取り込まれたのか
第20章 運命を分けた遺伝子を探る
第21章 革命的な論文を発表
第22章 「デニソワ人」を発見する
第23章 30年の苦闘は報われた
あとがき 古代ゲノムに隠された謎の探究は続く

解説 「ズル」をしないで大逆転した男の一代記 更科功
訳者あとがき 野中香方子

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする