本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ことばの起源』ロビン・ダンバー(青土社)

『ことばの起源―猿の毛づくろい、人のゴシップ』ロビン・ダンバー、松浦俊輔・服部清美訳(青土社)

未読

新装版2016年
323頁




目次(収録作品)

1 むだ話をする人々
2 めまぐるしい社会生活へ
3 誠実になることの重要性
4 脳、群れ、進化
5 機械の中の幽霊
6 はるか彼方へ時をさかのぼる
7 最初の言葉
8 バベルの遺物
9 生活のちょっとした儀式
10 進化の傷跡

ヒトはうわさをするために生まれた

猿の集団が 「毛づくろい」 ができなくなったとき、それに代わるコミュニケーション手段として生まれたのが人間の 「ゴシップ=言語」 だった。生物学、脳生理学、人類学、心理学などの最新成果をふまえ、500万年を鳥瞰し、ことばの進化の歴史を根底から覆す。

原題『GROOMING,GOSSIP AND THE EVOLUTION OF LANGUAGE』

出典:青土社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする