本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』68紙(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 68 紙』寿岳文章編

1988年6月
256頁

阿部栄四郎 紙の王様 雁皮紙 正倉院の古文書用紙を復元する
池田秀男  和紙史考(抄)
石上玄一郎 パピルスの変遷
市島謙吉  百道楽(抄)
井上ひさし 不審紙と付箋紙
大村しげ  手漉きの紙
岡部伊都子 襖
尾崎佐永子 恋文の美学-手紙と雅び-
大佛次郎  京からかみ
加太こうじ 古き良き日本情緒を作りだす魔術師-千代紙-
久米康生  紙祖伝説の背景
黒井千次  中国の原稿用紙
河野多恵子 ビラ
小林勇   巻紙
小林嬌一  正倉院和紙の保存法
佐久間八重女 古典折紙について
篠田桃紅  七夕と紙
芝木好子  和紙を漉く町
澁澤龍彦  紙相撲
寿岳文章  和紙と私
白洲正子  扇はあそび-中村清兄-
新村出   跋語
高村光太郎 智恵子の紙絵
竹西寛子  紙・障子
津村節子  和傘-ほんものの職人をたずねる-
栃折久美子 ブリュッセルだより
中勘助   をり紙 [巻頭詩] 
中勘助   折紙
中里恒子  封筒と便箋
野上豊一郎 障子の影
原弘 和紙はどう生きる-黒谷行-
春名好重  紙撚(こより)・元結・水引・紙子
増田れい子 紙幣の使いかた
町田誠之  紙細工のいろいろ
水上勉   チリゴミ取りのこと
森田たま  千代紙の箱・うつし絵
安岡章太郎 土佐の凧
柳宗悦   和紙の教へ
柳宗悦   和紙の美
柳宗悦   和紙十年
山本和   半紙(抄)
吉田一穂  ザラ紙文化

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする