本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』66酔(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 66 酔』田中小実昌編

1988年4月
256頁

阿木翁助  酒と発散
池田彌三郎 無心の酒
稲垣足穂  ダンセーニ卿の「酒壜天国」
色川武大  酒は涙か
岩城宏之  ビールの話
植草甚一  今朝、ワイン・ショップの前で
内田百閒  我が酒歴
梅崎春生  悪酒の時代-酒友列伝-
江戸川乱歩 「悪い年」のブドウ酒
江戸川乱歩 アモン酒の樽
江戸川乱歩 白婦人カクテル
江戸川乱歩 名探偵とブルガンディ酒
大原富枝  オールドパーの儀式
小沼丹   小さな手袋
開高健   珍酒、奇酒秋の夜ばなし
河上徹太郎 わがトラ箱記
河盛好蔵  ワインと文学
邱永漢   君子有酒-酒徒を論ず-
草野心平  天山祭りの酒
黒田三郎  ビヤホールで
小泉喜美子 酒の海に三百六十五日
サトウハチロー  酒のみの話
獅子文六  泥酔懺悔
薄田泣菫  酒・酒飲家
高橋義孝  盃をめぐって・夜更の酒と雲
立原正秋  長夜の酒・酒有別腸
田中小実昌 牛ドロボーになったり、麻薬窃盗犯になったり(抄)
田村隆一  ウイスキーに関する仮説
檀一雄   老ヒッピー記 九
陳舜臣   夜光杯
なだいなだ 忘れえぬアル中たち
野坂昭如  飲み逃げのテクニック
秦恒平   猿酒をぬすむ
三木卓   晩秋の酒
村上菊一郎 酒徒五つの楽しみ・酒の悲しみ
森敦 酒の味わい ひとの心
矢代静一  いい酒、悪い酒
結城昌治  つまらぬ酒
吉田健一  禁酒の勧め
和歌森太郎 酒に徹する奇人たち

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange