本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『知の湧水』渡部昇一(ワック)

『知の湧水』渡部昇一(ワック)

2017年6月7日初版発行
284頁




本書は、『WiLL』2014年3月号から2016年12月号までに連載された「遅の井の湧水」を改題し、書籍化したもの。

時事問題、「鑑・鏡」、二宮金次郎、幸田露伴、『神学大全』等々について書かれたエッセー集。
ほかの書や講演等で語った内容と重複するエピソードも多い。
よい箇所もあるが、全体的にはまあまあ。

著者には、膨大な著作があり「入門者」にはどれをすすめるか難しい。著者は語り口がよいので、講演からはいるのが一番おすすめで、CDも発売されているが入手しづらい。なので、動画をすすめる。下記参照。

なお、個々の文章の初出が示されていないのはよくない。

[参考]
渡部昇一動画メモ

知の湧水

amazon  楽天ブックス


スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする