本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』63万葉・三(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 63 万葉・三』中西進編

1988年1月
256頁

犬養孝   生きた魂の歌
入江相政  若き心の歌
梅原猛   万葉集におけるイメージ
大岡信   『万葉集』とわたし
岡井隆   万葉集錯読の記
川口爽郎  鴨
窪田空穂  年齢の推移と好尚の推移-万葉集を通して-
齋藤茂吉  『さびし』の伝統
桜井満   ウノハナ
杉本苑子  防人とその妻の歌
高橋英夫  万葉集と折口学の方法
田辺聖子  万葉のドラマ
塚本邦雄  断念の眉-家持私注
辻邦生   東国・名もなき人々の情熱
中西進   月の詩心
中野重治  『万葉集』のこのへんのところ
服部喜美子 「藤波の花」
馬場あき子 うつくしき言つくしてよ
平川祐弘  日本古代詩歌の魅力-ウェーリーの訳を通して
三好達治  万葉集の恋歌に就て
保田與重郎 万葉集と家持
山本健吉  悽惆の意-詩の頂点

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange