本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』62万葉・二(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 62 万葉・二』中西進編

1987年12月
256頁

安西均   愛の美学-大伴旅人の歌から
池田彌三郎 山の雪・伝説の女
市村宏   老いの歌
犬養孝   高橋虫麻呂
茨木のり子 抒情の進展と万葉集
井村哲夫  歌舞駱驛-わが背子が手馴れの御琴
上田正昭  万葉びとの生活とことば
生方たつゑ もじずり哀歌
折口信夫  万葉集に現れた古代信仰-たまの問題
清原和義  波-磯もとどろに
窪田空穂  山辺赤人の歌
倉田悟   万葉人と森林植物
西郷信綱  大伴旅人
佐竹昭広  萬葉・古今・新古今
杉本苑子  ユーモラスな歌
杉本秀太郎 浜木綿
高木市之助 雑草歌人意吉麻呂
土橋寛   美と時代
中川志郎  万葉と動物
中西進   万葉時代の人口調査
久松潜一  短歌と花鳥
平岩弓枝  魚の歌
山田宗睦  飛鳥ツバキ道
山本健吉  萬葉の旅心
和歌森太郎 仏教の受容と花

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする