本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』61万葉・一(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 61 万葉・一』中西進編

1987年11月
256頁

犬養孝   有馬皇子・高市黒人
入江泰吉  雲流るる空に
上田正昭  布留の社
岡野弘彦  秋山われは
西郷信綱  中皇命
齋藤茂吉  人麿の妻
佐佐木幸綱 詩と自然
白洲正子  斎宮(いつきのみや)のたどった道
杉本苑子  挽歌
田辺聖子  恋の奴
都筑省吾  虹
中西進   万葉にあらわれた女とくらし
野島秀勝  万葉の恋の身振り
橋本達雄  伊勢行幸の時 京に留まる歌
馬場あき子 野守はみずや・春過ぎて夏来たるらし
藤井清   月夜
辺見じゅん 壬申の乱をめぐる女性たち
堀辰雄   「死者の書」-古都における、初夏の夕暮れの対話
堀内民一  高円の野の上の宮
前登志夫  人麻呂の抒情-他界の眼
山本太郎  山の辺の路
山本藤枝  挽歌の二上山

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする