本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『『諸君!』のための弁明』仙頭寿顕(草思社)

『『諸君!』のための弁明―僕が文藝春秋でしたこと、考えたこと』仙頭寿顕(草思社)

未読

2019年
390頁




目次(収録作品)

プロローグ さらば文藝春秋
第1部 文藝春秋(文藝春秋との「赤い糸」/『諸君!』から始まった編集者生活/こんな文藝春秋に誰がした/誰よりも『諸君!』を愛す/『諸君!』は『正論』でも『新潮45』でもないけれど『自由』ではあるかも)
第2部 松下政経塾(「志のみ持参せよ」のはずが、「志」を表明したら言論弾圧!)
エピローグ 「反体制」ではなく「反大勢」を目指して

雑誌『諸君!』は何と闘っていたのか? 編集長時代に同誌最大部数を達成した著者による歯に衣着せぬ回想録。迷走する雑誌ジャーナリズムの存在理由を問い直す。

出典:草思社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする