本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』59菜(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 59 菜』荻昌弘編

1987年9月
256頁

阿刀田高  屋台の味
石毛直道  サラダは文明料理
市島謙吉  日本料理に就て
五木寛之  カツカレーの春-一九七五年三月-
岩城宏之  シャケがこんなにうまいとは
生方たつゑ 大祭りの鮨
太田愛人  異郷の野沢菜漬け
大村しげ  煮炊き
岡本喜八  男ひとりのヤカンメン
萩昌弘   煮こごり
興津要   ねぎま
奥野信太郎 中庭の食事
尾辻克彦  松茸はおいしいらしい
河竹登志夫 江戸の惣菜
河盛好蔵  フォア・グラ
北大路魯山人   三州仕立て小蕪汁
邱永漢   踏破菜園-とかく世間は手前味噌-
久保田万太郎   浅草の喰べもの
河野多恵子 夏のお清汁
國分綾子  湖魚
小島政二郎 アユとハモの話
佐藤垢石  たぬき汁
佐藤春夫  秋刀魚の唄 [巻頭詩] 
司馬遼太郎 豆腐記-嵯峨散歩-
澁澤龍彦  ローマの饗宴
杉森久英  ブリ雷・カキの三杯酢・皮くじら
薄田泣菫  春菜
玉村豊男  仔羊の背肉ポンパドゥール風
田村隆一  越前ガニを食いに行く
檀一雄   スペインの蟹の足
丸谷才一  ヨコハマ 朝がゆ ホテルの洋食
山本益博  土用の丑の日は鰻も夏バテ
結城昌治  食わざるの記
吉田健一  文学に出て来る食べもの(抄)
淀川長治  映画館の中の食べもの

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange