本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』58月(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 58 月』安東次男編

1987年8月
260頁

安住敦   蓼科の芒
安東次男  もう一つの名月
飯田蛇忽  月夜の蟻
飯田蛇忽  月夜の毒
井伏鱒二  逸題 [巻頭詩] 
岩本素白  六日月
上田敏   月
大林太良  月中の織女
大町桂月  月譜
苧阪良二  心の中の太陽と月
苧阪良二  太陽と月のイメージ
折口信夫  日本美
加藤楸邨  表裏山河
鏑木清方  月の繪
亀井勝一郎 塔について
川端芽舎  夏の月
北杜夫   月と狂気について
北原白秋  お月さまいくつ
小島烏水  霧の不二、月の不二
小林秀雄  お月見
佐多稲子  月の宴
杉本秀太郎 弓張月
薄田泣菫  無学なお月様
竹西寛子  有明
徳冨蘆花  良夜・花月の夜
鳥越憲三郎 名月と十三夜
永井荷風  町中の月
永井龍男  夏の月
永田久   月と暦-カルデア神話の世界
永田久   月の満ち欠け
中西進   雪月花
西脇順三郎 月、なす、すすき
樋口一葉  月の夜
堀口大學  明石の名月
正宗白鳥  月を見ながら
水原秋櫻子 仲秋名月
與謝野晶子 月二夜
吉田健一  月
渡辺一夫  月三題
和辻哲郎  月夜の東大寺南大門

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange