本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『AIが神になる日』松本徹三(SBクリエイティブ)

『AIが神になる日―シンギュラリティーが人類を救う』松本徹三(SBクリエイティブ)

未読

2017年
240頁




目次(収録作品)

第1章 シンギュラリティーに向かうAI(AIとは何か?/シンギュラリティーとは何か? ほか)
第2章 人間と「神」(人間は太古の昔から「神」を信じた/宗教の変貌 ほか)
第3章 すべての「人間的なもの」(AIと人間との違い/「愛」とは何か?「憎しみ」とは何か? ほか)
第4章 AIと向かい合う哲学(人は、実はいつも「哲学」している/「人間的」であるということ ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする