本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『孤独なバッタが群れるとき』前野ウルド浩太郎(東海大学出版会)

『孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生』前野ウルド浩太郎(東海大学出版会)

未読

2012年
318頁




目次(収録作品)

第1章 運命との出逢い
第2章 黒き悪魔を生みだす血
第3章 代々伝わる悪魔の姿
第4章 悪魔を生みだす謎の泡
第5章 バッタde遺伝学
第6章 悪魔の卵
第7章 相変異の生態学
第8章 性モザイクバッタ
第9章 そしてフィールドへ…

砂漠等に生息するサバクトビバッタ。時に普段目にする緑色ではなく黒色に姿を変え、大発生・大移動して農作物に被害を与え、黒い悪魔と恐れられたこのバッタとの壮絶な戦いを、著者の成長の過程とともに紹介する。

出典:東海大学出版部


[参考]
『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎(2017・光文社新書)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする