本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『人体 5億年の記憶―解剖学者・三木成夫の世界』布施英利(海鳴社)

『人体 5億年の記憶―解剖学者・三木成夫の世界』布施英利(海鳴社)

未読

2017年
246頁




目次(収録作品)

1 三木成夫とは?(奇妙な授業ー大学に入学し三木成夫と出会った/日本の解剖学における三木成夫の先人たち/ライフワークは未完だったのか)
2 人体の中の「動物」(運動系(骨と筋肉)/神経系(脳と神経)/感覚系(目、耳、皮膚))
3 「こころ」はどこにあるのか?
4 人体の中の「植物」(吸収系(胃腸と肺)/循環系(心臓と血管)/排出系(秘尿・生殖器))
5 三木成夫の人間観(「胎児」-個体発生と系統発生/「3歳児」-指差し、呼称音、直立、言葉/「生命記憶」-ヒトの体には五億年の記憶がある)

不世出の天才解剖学者、三木成夫の驚くべき「人間の見方」は、その弟子・布施の筆によって初めてその全体像が姿を現す。「人間の心や体の成り立ち」に関する三木の深い洞察力によって、私たちの体の見方・心の見方が180度変わりますこと、請け合い。

出典:海鳴社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする