本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』56海(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 56 海』辻邦生編

1987年5月
256頁

赤江 瀑     破片E 海は海人(かいじん)のように
阿刀田高     遭難
阿部昭      海浜秋色
網野菊      海
池澤夏樹     海の破片
石牟礼道子    潮どき
井上ひさし    「港の別れ唄」
井伏鱒二     湯河原沖
遠藤周作     海のみえる部屋
太田愛人     「海」
大庭みな子    海の花
大原富枝     ソドムの海
小川国夫     思い出の海
大佛次郎     海辺にて
金子光晴     海をもう一度 [巻頭詩] 
北杜夫      アフリカ沖にマグロを追う
串田孫一     波
黒井千次     船酔いの記
澁澤龍彦     人魚の進化
竹西寛子     嵐の岬
立松和平     海を見たことのない少年
谷川俊太郎    私の海
辻邦生      海辺の墓地から
永井荷風     黄昏の地中海
中谷宇吉郎    真夏の日本海
西江雅之     海からの風-ケニア-
福永武彦     海の想い
藤原新也     夢海航路
堀口大學     海と僕
三木卓      帆
森崎和江     筑前・鐘崎の海士
矢内原伊作    海の思想
吉江喬松     海潮の響き
吉田健一     藻の海と密林
吉行理恵     海の薔薇

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする