本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『「ぐずぐず」の理由』鷲田清一(角川選書)

『「ぐずぐず」の理由』鷲田清一(角川選書)

未読

2011年
246頁




目次(収録作品)

言葉の感触ー序にかえて
1 声のふるまいーオノマトペのさまざまな顔(ぎりぎり/ぐずぐず/ちぐはぐ/ゆらゆら ほか)
2 音の絵ーオノマトペの構造(音の絵/言葉の内臓感覚/律動と情調/感覚の越境 ほか)

「のろのろ」「おろおろ」。動作の擬音ではなく、振舞いの抽象としての表現が、なぜぴたりとその様態を伝えるのか。ドイツ語で「音の絵」ともいうオノマトペを現象学的に分析。現代人の存在感覚を解き明かす。

出典:KADOKAWA 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする