本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『おしゃべりな腸』ジュリア・エンダース(サンマーク出版)

『おしゃべりな腸』ジュリア・エンダース、岡本朋子・長谷川圭訳(サンマーク出版)

未読

2015年
332頁




目次(収録作品)

第1章 あなたの知らない腸の魅力(排便ほど複雑で洗練された仕組みはない/「トイレの正しい座り方」を知っていますか?/口は「腸の入口」 ほか)
第2章 腸の働きをつかさどる優雅な制御システム(皿の上のケーキの、体内をめぐる冒険/胃の平滑筋がヘマをすると、胸やけと酸っぱいげっぷが起きる/胸焼けや酸っぱいげっぷを抑える効果的な方法とは ほか)
第3章 未知と魅惑の微生物の世界(においは微生物の世界からやってくる/細菌は敵か味方か/免疫システムが私たちに提供してくれる素敵なサービス ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする