本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『キリンビール高知支店の奇跡』田村潤(講談社+α新書)

『キリンビール高知支店の奇跡―勝利の法則は現場で拾え!』田村潤(講談社)

未読

2016年
192頁




目次(収録作品)

第1章 高知の闘いで「勝ち方」を学んだ(1995年 高知の夜は漆黒だった/1996年 負け続けの年/1997年 健康になろう/1998年 V字回復が始まった/2001年 ついにトップ奪回!)
第2章 舞台が大きくなっても勝つための基本は変わらない(四国での闘いー違う市場でも基本を貫く/東海地区での闘いー現場主義の徹底/全国での闘い、そして勝利)
第3章 まとめ:勝つための「心の置き場」(5つの要素と2つのあり方/価値を創造する営業(新旧対比表))

アサヒスーパードライから、ビール王者の座を奪回せよ――地方のダメ支店発、キリンビールの「常識はずれの大改革」が始まった!
筆者はキリンビール元営業本部長。「売る」ことを真摯に考え続けた男が実践した逆転の営業テクニックとは?
地方のダメ支店の逆転劇から学ぶ、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方!

「何のために働くのか」「自分の会社の存在意義は何なのか」という理念を自分で考え抜くことが、ブレイクスルーの鍵となる。必死に現状打破を求め続ける、すべての営業マンに送る本!

出典:講談社BOOK俱楽部

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする